施設紹介 - アリーナ等の施設利用

施設の利用申込みについて
  • アリーナ ・ 多目的ルーム ・ 小多目的室の利用申込み
オーパス(OPAS)とは・・
利用料金について
  • 利用料金
  • 利用料金の支払い
  • 取り消し料
付属設備使用料

施設の利用申込みについて

アリーナ ・ 多目的ルーム ・ 小多目的室の利用申込み

  • (1)利用する場合は、原則として池田市スポーツ施設情報システム(オーパス・スポーツ施設情報システム)の利用者団体登録が必要です。
  • (2)抽選申込予約は、利用月1ヶ月前の1日〜11日までにインターネット・携帯電話ウェブサイト・街頭端末機で行います。
  • (3)12日にコンピューターにより抽選を行い、13日〜19日の間で抽選結果の確認と利用申請ができます。この期間に利用申請を忘れると自動的に【空き】になります。
  • (4)抽選に参加できる団体は、市民及び市内に通勤並びに通学する者10名以上で構成する市内登録団体です。
  • (5)13日以降に【空き】がある場合は、市内登録団体・市外登録団体を問わずいつでも申請できます。
    (登録団体以外の方も含む。)

アリーナ・多目的ルーム・小多目的室の予約・抽選申込はこちらから池田市オーパス・スポーツ施設情報システム

『アリーナ使用における主な種目コート数』
使用面 種目 コート数 使用面 種目 コート数
1/3 面
使用の場合
バレーボール 1 面 2/3 面
使用の場合
バレーボール 2 面
バドミントン 2 面 バドミントン 6 面
ソフトバレー 2 面 ソフトバレー 6 面
市民ボール 2 面 市民ボール 4 面
1/2 面
使用の場合
バドミントン 4 面 全面使用の場合 バレーボール 3 面
ソフトバレー 4 面 バドミントン 10面
市民ボール 4 面 ソフトバレー 10面
バスケットボール 1 面 市民ボール 8 面
フットサル 1 面 バスケットボール 2 面
- ハンドボール 1 面

このページの上へ

オーパス(OPAS)とは・・

オーパススポーツ施設情報システム

インターネット・携帯電話ウェブサイト・体育施設に設置している街頭端末機から各スポーツ施設の利用申請や抽選申込などができるコンピューターシステムです。

【利用者登録の流れ】
  1. 各スポーツ施設で配布している利用者登録申請書(4枚綴り)を記入する。
  2. 指定金融機関に行って口座振替の手続きを行い、確認印をもらってください。
    ※口座振替取扱指定金融機関・・・池田泉州銀行・三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行
  3. 五月山体育館又は総合スポーツセンターで申請書を提出し、登録手続きをしてください。
    手続き完了後、オーパスカードとガイドブックをお渡しします。
【登録料】
500円(登録月の翌月の20日に口座引落)

このページの上へ

利用料金について

利用料金

アリーナ・多目的ルームなどの使用料金(単位:円)
利用施設 利用単位 9:00〜12:00 13:00〜17:00 18:00〜21:00 9:00〜21:00
(注)
  1. 池田市に在住・在勤・在学者以外の方は、使用料が倍額になります。
  2. 7割以上が70歳以上、中学生以下又は障がい者で構成されている場合、上記使用料の半額になります。
  3. アリーナの土・日・祝日の使用料は3割増になります。
  4. 入場料を徴収する場合、上記使用料の3倍になります。
  5. 施設使用料とは別に、付属設備(ネット等)には使用料がかかります。
アリーナ 1/3面 3,900 5,200 3,900 13,000
1/2面 5,800 7,800 5,800 19,400
2/3面 7,800 10,400 7,800 26,000
全面 11,600 15,600 11,600 38,800
多目的ルーム 1時間 1,000
小多目的室
(会議室)
300

(スポーツ種目での利用の場合、
付属設備として別途鏡代200円/1時間が必要です。)

利用料金の支払い

オーパス登録されている方は、使用日の翌月の 20日に使用料を指定口座から引き落とします。
オーパス登録されていない方は、 利用申請時に使用料を徴収します。

取り消し料

利用申請後使用を取り消す場合、使用日の3日前までは利用料金の5割、使用日の2日前からは利用料金の全額取り消し料がかかります。

オーパス登録されている方は、施設利用の取り消しをインターネット・携帯電話ウェブサイト・街頭端末からも行えます。

但し運動利用の小多目的室に限り,インターネット・携帯電話ウェブサイト・街頭端末からの取消ができませんので、体育館総合受付にご連絡ください。〔アリーナ・多目的室・会議室は可)

このページの上へ

付属設備使用料

付属設備使用料
種別 利用区分 使用料(円) 摘要
体操器具 全種目 午前・午後・夜間各1回につき 2,000 一式
一種目 500
トランポリン 400
柔道畳 300 一面
ストップウォッチ 50 一個
バスケットボール用具(ボールを除く) 500 一式
バレーボール用具(ボールを除く) 300
ハンドボール用具(ボールを除く) 300
市民ボール用具(ボールを除く) 200
卓球用具
(ラケット及びピン球を除く)
200
バドミントン用具
(ラケット及びシャトルコックを除く)
200
ソフトバレーボール用具(ボールを除く) 200
ダンス用床 2,000
放送音響器具 アリーナ 500
多目的室 300
小多目的室(会議室) 200
電光得点表示盤 300 一台
フロアーシート 3分の1 700
2分の1 1,000
全面 2,000
長机 20脚まで 200
20脚を超え10脚ごとにつき 200
補助いす 20脚まで 100
20脚を超え10脚ごとにつき 100
吊りもの器具 400 一式
スポットライト ビームスポットライト 200 一個
スポットライト 200
ピンスポットライト 200
特殊電源 200
アリーナ 冷房 1時間につき 3,000
暖房 5,000
多目的室 冷房 600
暖房 1,000
小多目的室
(会議室)
200
冷房 150
暖房 250

このページの上へ